<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
田中正生の仕事展
タイトルは「田中正生|陶展」ですが裏テーマは「田中正生の仕事展」です。
展覧会の打ち合わせをする中、「器の展覧会だけではなく、田中さんの仕事を紹介したい。」
とお願いしたところ、快く承諾していただき、映像や写真の撮影にも協力していただきました。
おかげさまで、田中さんの塩の窯焚き、穴窯の7昼夜、塩釉の景色、穴窯の力強さをご覧いただける展示内容となっています。

なかなか見る機会のない仕事の風景。
この機会にぜひご覧下さい。

f0151815_13202554.jpg

息を呑むほど美しい。

f0151815_13203743.jpg

田中正生さんの生みだした宝石達。

f0151815_13204874.jpg

会期は11月9日まで。
[PR]
by starnet-bkds | 2008-10-28 13:35 | ZONE
塩釉の窯焚き
田中正生さんの塩の窯焚き。
塩釉とは釉薬の代わりに窯に直接塩を投入する技法です。
若い窯と回数を重ねた窯では作品のみせる表情がまるで違う。
また塩による窯の傷みが激しく、20 回くらいの窯炊きで窯を駄目にする。今回は5度目の窯焚き。
f0151815_17392826.jpg

f0151815_17394013.jpg

半分に割った竹の節に塩を入れ、窯に塩を投入する。
田中さんの仕事は、効率よく美しい器がとれるようなものではなく、
40年近く経った現在でも窯からどんな器が出てくるのかわからないと言います。
効率がよく便利なものが多い中、手間を惜しまない仕事そのものに美しさを感じます。

f0151815_1742151.jpg

田中さんの熟練の技術と経験、そして窯のもたらす偶然によって生まれた宝石達が
ZONEの空間に広がります。
展覧会まであと2日。宝箱のように変貌するZONE空間に遊びにお越し下さい。
[PR]
by starnet-bkds | 2008-10-23 18:15 | ZONE
田中正生さんの穴窯
STARNET ZONEで個展が開催される田中正生さんの窯焚き。

穴窯を用いた田中さんの窯焚きは9 日間にも及ぶ。
その間ゆっくりと寝る事も無く、ひたすら窯と向き合い、火と対話し続ける。
63歳の田中さんの作陶は体力と気力の結晶のよう。
f0151815_18434775.jpg

穴窯の中につめられたものの多くは、引っ付いたり倒れたりして窯の中で壊れてしまう。

f0151815_18435859.jpg

窯の中に入れたら、あとは窯と火任せ。
生地に積もった灰が高温で溶かされ、土と結びついて自然の釉薬となって下へ流れたり、対流したりを繰り返した作品は、鍾乳洞や珊瑚礁などを連想させます。

f0151815_1844937.jpg

この窯から生まれた幾つかの器と塩釉の器がZONEの空間に並びます。
会期は10月4日から10月19日まで。
[PR]
by starnet-bkds | 2008-10-22 19:11 | ZONE
山野辺孝|陶展
福島で作陶されている山野邊孝さんのSTARNETでの初個展。
織部掛分や白無地の灰釉の器がRECODEの空間に並んでいます。

f0151815_14233891.jpg

一年前の山野邊さんの作り出していた器と今回の展覧会に出ている器はまるで違う空気を持っています。ご本人曰く、「いろんなことを試していて安定しない。」っとおっしゃっているのですが、今回の展覧会に並んでいる作品達はご自身の持つ技術や精神が良い形となり、素晴らしい器となっているように映ります。

f0151815_14243324.jpg

これからさらに進化していく山野辺孝さんの仕事、
静かで優しい器が並ぶRECODEに遊びにお越し下さい。
[PR]
by starnet-bkds | 2008-10-16 14:41 | ZONE
森岡成好・由利子|陶展
和歌山で作陶されている森岡成好・由利子さんご夫婦による展覧会。
成好さんによって生み出される、野趣に溢れ力強く逞しい南蛮焼締の器。
一方で確かな存在感をもった透明感溢れる由利子さんの白磁の器。
追求された奥深い南蛮焼締と白磁の器約200点が、STARNET ZONEの空間に並びます。

秋の風を感じながら、丘の上STARNET ZONEにお越し下さい。

f0151815_14371749.jpg
f0151815_14373469.jpg

[PR]
by starnet-bkds | 2008-10-04 14:37 | ZONE