成井恒雄さんの蹴ろくろ
益子の陶芸家成井恒雄さんの展覧会。
益子の土と蹴ろくろを使い、益子の技術を伝承しながらも新しい技術を求め続ける成井恒雄さんの器は、自由奔放で独自の魅力を持っています。

今展覧会では成井さんの蹴ろくろで器を作る映像がご覧になる事のできる展示内容となっております。
f0151815_17543849.jpg

一日の多くをお客さんとお茶を飲み、ろくろを回すのは静かになりつつある夕方頃。

f0151815_1754363.jpg

成井さんと親交のある方々でも初めてろくろを回しているのを見たという方もいらっしゃるくらい、貴重な映像がご覧になる事ができます。

f0151815_1754212.jpg

成井恒雄|食器展は、11月30日まで。
益子に古くから伝わる糠白と飴釉を使った食器を中心に約500点の作品が展示されています。
落ち葉の舞う晩秋の益子と共に成井恒雄さんの仕事をご覧下さい。
[PR]
by starnet-bkds | 2008-11-18 18:11 | ZONE
<< 古川潤 展|a phial lamp 田中正生の仕事展 >>